2021年10月22日

寒くなりました

【月刊東海財界11月号】 
IMG_0523.jpg
表紙は名古屋大学総長松尾清一氏 2021年 名古屋大学は創基150年を迎えました
松尾清一総長に快諾を頂いたインタビュー。地域に支えられて、というメッセージは決しておごり高ぶらない
アカデミズムのありようを示唆されています。
       

カニが美味しい季節となりました
IMG_0524.jpg
札幌かに本家の日置達郎会長の「怒涛の人生」も必ずや読者の琴線に触れるでしょう


IMG_0525.jpg
矢作地所の新築分譲マンション「バンベール千種ザ・ファースト」モデルルーム公開中予約制
文中で詳しくご紹介してます。



名古屋大学創基150年のお祝い誌面に
広告のご掲載を頂きましたご卒業生の皆様 ありがとうございました。

野田聖子大臣 池田佳隆副大臣ご就任お祝いの
協賛広告を掲載頂きました皆様ありがとうございました。

心より御礼申し上げます。

11月号は10月25日発行です。
ジュンク堂書店名古屋店(名古屋駅)
丸善名古屋本店(栄駅)
福文堂書店(新栄駅)
ちくさ正文館書店(千種駅)
にてお求めいただけます。
posted by 東海財界 at 17:58| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月27日

実りの秋🌰

2021.10月号
IMG_0522.jpg
表紙
東海財務局 局長  齊藤 通雄 氏 インタビュー
名古屋税関 税関長 減新 英明 氏 インタビュー

読みどころ
コロナ禍での自民党総裁選に総選挙といった社会情勢に心も落ち着かないきょうこの頃ですが、               
菅首相の「総裁選立たず」をテーマに政権の1年の歩みを振り返りました。不祥事続きの前政権に比べ国民の期待するところ大であっただけに退かざるを得なかった事情やその仕事ぶりを総括する必要があると考え、弊誌編集に関わる3人の顧問に長年磨かれた新聞記者感覚、市民感覚で論じてもらいました。百人百様の評価が分かれる政治の世界ですが総じて「辛口」となりました。読者諸氏のご批判ご感想をお待ちする次第です。
また、8、9月号に続いて国の骨太方針を読み解く手がかりとして今号では「数字」を特集しました。ご参考になれば幸いです。

滝学園 95周年 記事掲載                                    
創立95周年 滝学園 滝高等学校 を祝いまして 特集しました。
協賛広告を掲載頂きました ご卒業生樣 ありがとうございました。

令和の豪雨や土砂崩れ 昭和34年伊勢湾台風での爪痕 自然による恐怖 記事掲載
線状降水帯や豪雨により 土砂崩れで被災されたみなさまに
お見舞い広告の掲載頂きました クライアント様 ありがとうございました。
posted by 東海財界 at 10:42| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月25日

9月号発行

残暑お見舞い申し上げます。

月刊東海財界9月号では
表紙 緑ヶ丘カンツリークラブ 様
IMG_0520.jpg

裏表紙 東海クラッシク開催されます。
IMG_0521.jpg

読みどころ👀

「非常事態は変革のチャンス」と名鉄社長のアさま、エフエム三重社長の川島さまからは「苦しむ門には福来たる」と、お二人から期せずしてピンチをチャンスに変える金言を教えていただきました。
また、8月号に続いて国の骨太方針を読み解く手がかりとして「ポストコロナの経済キーワード集」を編んでみました。8ページにわたる総力特集ですが、いかに多くのカタカナ用語が政府文書にあふれているか、と思い知らされました。もっとわかりやすく言葉を選べないのか、あるいは論語ではありませんが「由(よ)らしむべし知らしむべからず」(為政に従わせればよく説明する必要はない)とわざわざ難解用語を採用しているのかと疑いたくもなりました。年内に確実に行われる総選挙。“コロナ禍政治”に国民はどん審判をくだすのか。

東京五輪では 愛知の名門東海高校の卒業生が アーチェーリー男子団体でメダルを獲得しました。
おめでとうございます。この快挙はアーチェーリーとしては日本初のメダルです。

東海高校の特集もご覧ください。各界でご活躍のご卒業生の皆様 誌面にお祝い広告を多数ご掲載いただき
ありがとうございました。


posted by 東海財界 at 09:49| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする